日本共産党長野県会議員団

控室/長野県長野市南長野幅下692-2長野県議会
直通TEL/026-237-6266  FAX/026-237-6322

活動報告

国民大平和行進長野県庁前出発式

2019.07.02

2019年国民平和大行進(北海道ー東京=日本海コース)の長野県庁前出発式が2日朝に行われ、共産党県議団と無所属の小林君男議員が参加しました。

毛利栄子団長と小林君男議員が、参加者を激励し連帯のあいさつをしました。

P1140889.JPG

市民の安全より米軍を優先か

2019.06.28

自民「米軍機の低空飛行に安全配慮求める意見書」を否決


長野県議会は6月28日、「米軍機の飛行訓練等に関する意見書案」について、最大会派の自民党が反対し、否決しました。

 意見書案は議員提案。米軍横田基地所属のC130輸送機2機が5月末に佐久地方を低空飛行したことで、住民が強い不安を感じたとして安全配慮を求める内容。これは、長野県が6月5日に防衛省北関東防衛局に要請したものと同じ内容です。

 自民党県議は反対討論で「低空飛行は在日米軍の不可欠の訓練」とし、今回の飛行では「高度や区域に関する日米合同委員会合意に反する事実は確認されていない」とした。

 意見書採決で賛成は、改革・創造みらい、県民クラブ・公明、共産党県議団と無所属の2人が賛成。記名投票で28対28の同数となり、議長裁決で否決となりました。

 共産党県議団の毛利栄子団長は「住民の声よりも米軍の言い分を代弁し、傍若無人な訓練を必要不可欠であるとして住民の安全安心より優先する態度は許せない」と語りました。

一般質問が終わりました

2019.06.28

6/26日に毛利栄子議員、6/27日に高村京子議員、

6/28日に山口典久議員が一般質問に立ちました。

質問と答弁の全文はトップページの「議会の様子」から要旨をまとめた県議会ニュースは「発行物」より、ぜひご覧ください。

一般質問の内容をお知らせします。

2019.06.24

6月議会の一般質問の内容をお知らせします。ぜひ傍聴にお越しください。

6/26(水)午後1時頃より 毛利栄子議員 

・四賀メガソーラー事業について

・福祉医療のさらなる充実について

・「長野県主要農作物及び伝統野菜の種子に関する条例」について

6/27(木)午後1時頃より 高村京子議員

・引きこもり状態にある方々への支援について

・国保の財源と運営は県の責任、命と健康、暮らしを守る制度へ

・大北森林組合補助金不正問題について

6/28(金)午前10時15分頃より 山口のりひさ議員

・公文書管理条例について

・リニア中央新幹線トンネル工事に関して

・高校入試制度見直しについて

6月県議会が開会しました(7月5日まで)

2019.06.20

6月県議会が開会しました。

日本共産党県議団では、毛利栄子議員、高村京子議員、山口のりひさ議員の4名が一般質問を行ないます。それぞれ質問予定日時は以下の通りです。ぜひ傍聴にお越し下さい。

毛利 栄子議員   6月 26日(水) 午後1時頃より

高村 京子議員   6月 27日(木) 午後1時頃より

山口 のりひさ議員  6月 28日(金) 午前10時15分頃より

最近の記事

カテゴリー別に見る

月別に見る

過去のデータはこちら